杏クリニックの歩み

2016年4月 狭山市入間川にあんず訪問診療クリニック開設
2016年7月 機能強化型在宅療養支援診療所として認可
2016年11月 在宅緩和ケア充実診療所として認可
2017年7月 居宅介護支援事業所ケアプランきらら開設
2017年11月 医療法人 あんず会設立
2018年4月 医療法人あんず会 杏クリニックと名称変更
2018年5月 狭山市祇園にて外来診療を開始


理事長紹介

鬼澤信之

理事長

経歴

埼玉医科大学卒

埼玉医科大学総合医療センター腎・高血圧内科非常勤医師

日本内科学会認定 総合内科専門医

日本腎臓学会認定 腎臓専門医

狭山市医師会所属

埼玉県立狭山経済高校学校校医

4児の父


ご挨拶

杏クリニックは平成28年に診療を開始したあんず訪問診療クリニックを前身とするクリニックです。
在宅医療のスローガンは”住み慣れた我が家で自分らしく快適な療養生活を”。高齢の患者様においては、 生活の背景や病気の歴史により求められる医療が異なります。
私たちは、考えられる選択肢の中から、その方に合った医療を模索し安心して療養生活を送れるよう努めてまいります。
またこれまで在宅医療に携わる中でいかに仕事や介護で忙しくされているご家族が病院に行って医療を受けることが難しいかを知りました。 そしてご高齢者がよりよい在宅医療を目指すには病院に通院できるうちから患者の人となりや生活背景を知っておくことが必要だと感じました。
そこで医療法人あんず会は次のステップとして平成30年5月から外来診療を開始することを決めました。
外来診療のスローガンは”お年寄り・介護・育児・仕事を支えるクリニック”。
ご高齢の方はもちろん、仕事・育児・介護等で忙しくされる方々の健康をトータルでサポートするクリニックを目指します。健康・介護の悩みはいつでもご相談ください。


おにざわ(総合内科)

わたなべ(老年内科)

おのづか(内科・救急)

やまだ(リウマチ内科)

てらべ(形成外科)

かまた(泌尿器科)

まつした(老年内科)

すがわら(小児科)

でんだ(小児科)

おかだ(整形外科)

おにづか(形成外科)

しまざき(形成外科)

かとう(事務長)

あいはら

かわむら

はしもと

おおの

わたなべ

すぎはら

なかはら

なかで

しのだ

たかはし

さいとう

おおば

さかうえ


院内のご紹介


当院の特徴

厚生労働省による指定要件を満たし、
「機能強化型在宅療養支援診療所」「在宅緩和ケア充実診療所」となりました。

  • 24時間365日のサポートを行います。
  • 狭山市を中心に、在宅医療、緩和ケアに取り組んでおります。
  • 地域のかかりつけ医として、高度で安全な医療の提供を追求します。
  • 緊急往診も迅速に対応致します。
  • 地域の医療介護事業所と連携し、狭山市の在宅ケアを支えます。
  • 難病、小児慢性の患者様も対応しております。


訪問診療のお申込み、各種お問い合わせ

下記問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡ください。

※お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。

TEL:04-2937-7053【在宅】
TEL:04-2935-3882【外来】

お問い合わせフォーム