『当院にて現在実施中の臨床研究』

『当院にて現在実施中の臨床研究』

当院では大学病院と協力して下記の臨床研究を行っています。研究対象となる患者様には事前に説明し同意を得ております、また拒否する機会(オプトアウト)が保証されています。

実施する研究の詳細は下記の通りです。

申請番号: 国2021-014
① 試料・情報の利用目的及び利用方法(他の機関へ提供される場合はその方法を含む。)
・研究課題名:
在宅医療を受ける患者におけるチアミン欠乏の頻度と患者背景に関する横断研究
・目的:
在宅医療を受ける患者におけるチアミン欠乏の頻度と患者背景を明らかにする
・研究期間:  IRB承認日~2025年 3月 31日

② 利用し、又は提供する試料・情報の項目:
患者背景(年齢、性別、身長、体重、家族の有無、アルコール摂取の有無、現在治療中の疾患、既往症、神経症状、検査項目、投薬状況)
認知機能検査(MMSE)
ビタミンB1濃度
③ 利用する者の範囲:
杏クリニック         内科    医師    院長 鬼澤 信之
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科 医師    教授 大西 秀樹
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科 公認心理師 准教授 石田 真弓
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科 医師   非常勤講師 伊東 洋(※1)
埼玉医科大学国際医療センター 総合診療・地域医療科 医師 非常勤講師 内田 望(※2)
(※1)伊東内科小児科医院 院長
(※2)国保町立小鹿野中央病院 院長
三菱京都病院 医師 部長 吉岡 亮
京都大学大学院医学研究科 薬剤師 特定講師 佐藤 泉美

④ 試料・情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称
: 杏クリニック院長 鬼澤 信之

前のページに戻る

お知らせ一覧に戻る

次のページに戻る

ひとりひとりの患者様の
かかりつけ医として、主治医として、
責任をもって人生に寄り添った
医療を提供します。

訪問診療のお問い合わせ

外来診療のお問い合わせ