第24回 お茶香るカンファレンス🍵のお知らせ

オンライン勉強会「超実践・エンドオブライフ・ケア(第24回 お茶香るカンファレンス)」のお知らせ
■日時 2021年1月21日(木) 19:00より20:30
■演者
小澤 竹俊先生(めぐみ在宅クリニック院長、エンドオブライフ・ケア協会代表理事)
木内 亜紀様(地域ケアステーションゆずり葉管理者、エンドオブライフ・ケアさいたま代表)
モデレーター: 鬼澤 信之(杏クリニック院長)
■zoomにて配信
■埼玉県内の医療・介護関係者の方は、 facebookグループ「お茶香るカンファレンス」に参加いただくと無料で視聴できます。 https://www.facebook.com/groups/ochakan/
■県外の方、「お茶香るカンファレンス」グループ外の方はPeatixから参加申し込みをいただくことで視聴できます(有料・500円)。 https://peatix.com/event/1753810/view…
参加登録された方には前日の1月20日(水) PMからZOOMのURLを送信いたします。 接続に不安のある方は、早めのアクセスをお勧めします。当日(1月21日)18:30より接続いただけます。 参加された方には、1週間視聴可能なストリーミング配信のURLもお送りいたします。
■概要■
解決できない苦しみを抱える患者さんが穏やかな時間を過ごすために。
今、すべての職種に知って欲しい援助的コミュニケーションの秘訣。
超高齢多死時代。地域で医療や介護に関わる皆さまが死を前にした方に関わることもさらに増えていきます。 絶望と思える苦しみの中にいる人に、安易な励ましや通じません。私たちの決まりごとのような説明が、さらに孤独感を強めてしまうかもしれません。
では私たちにできることは何でしょうか?
苦しみの中にいる方が「わかってくれる人」と思う援助者がいれば、穏やかな表情を取り戻せる可能性があります。
そのために私たちが知っておきたい、援助的コミュニケーションをご紹介します。
お話しいただくのは、めぐみ在宅クリニック院長でこれまで3500人以上の患者さんを看取ってきた小澤竹俊先生です。2015年にエンドオブライフ・ケア協会を設立され全国各地で、援助者の養成を行っておられます。 今回は小澤先生にエンドオブライフ・ケアのエッセンスをお話しいただくだけでなく、技術を実装するのためのノウハウを狭山市の地域ケアステーションゆずり葉・看護師木内亜紀様に解説いただきます。 現場からの疑問はモデレータを務めます、杏クリニック鬼澤信之がストレートにお聞きします。
皆さまの参加をお待ちしております!

前のページに戻る

お知らせ一覧に戻る

次のページに戻る

ひとりひとりの患者様の
かかりつけ医として、主治医として、
責任をもって人生に寄り添った
医療を提供します。

訪問診療のお問い合わせ

外来診療のお問い合わせ