あんず在宅医療ミーティング

【病診連携】第18回あんず在宅医療ミーティング

第18回あんず在宅医療ミーティングを開催しました。

今回のテーマは【病診連携】

埼玉医科大学国際医療センター総合診療・地域医療科 教授 古屋大典先生。
そして同科で当院でも診療していただいている坂本博史先生にご講演いただきました。

古屋先生の講演は「令和時代の地域医療連携」。

大学から在宅医療へ円滑に移行し穏やかな自宅療養生活を送られた患者様の例をご紹介いただき、「病診連携のチャンピオンケース」と言っていただきました!!

そして坂本先生には、「在宅での尿道カテーテル管理」についてお話しいただきました。


普段から興味のあるテーマ、110名を超えた参加者にもご満足いただけたのではないでしょうか。

円滑な入退院支援は在宅医療の要です。参加者の皆さんとしっかり連携して安心して退院できる地域を作っていきたいと思います。