医療連携

狭山市在宅医療連携セミナー

狭山市在宅医療連携

先週末は医師会主催の狭山市在宅医療連携セミナーでした。
まず院長の鬼澤が「当院における多職種連携の取り組み」についてお話させていただきました。

その後は埼玉県立がんセンター緩和ケア科余宮きのみ先生による
「広がるオピオイドの選択肢 〜ヒドロモルフォンをどう位置付けるか〜」。
病院勤務時代から余宮先生の本で勉強しサイン入りの本まで持っている院長。
最前列で唸りながら聞き入っていました。

いつも緩和ケア病棟入院で大変お世話になっている埼玉石心会病院 緩和ケア内科 岡本信也先生にもご挨拶させていただき実り多い一日でした。