訪問診療について

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは?

Sleep Apnea Syndrome (SAS)の概要

睡眠時無呼吸症候群ってどんな病気?
睡眠時無呼吸症候群(SAS:サス)とは睡眠中に呼吸が止まる、または浅く・弱くなり、それによってさまざまな日常生活に障害を引き起こす疾患です。また、最近ではSASが循環器疾患との深い関わりがあることが明らかになってきています。

SASの病態で最も多いのが上気道(空気の通り道)が塞がるまたは部分的に狭くなる事で起こる閉塞性睡眠時無呼吸症候群です。夜間に繰り返し起こる無呼吸により、血液中の酸素が低下したり、頻繁に中途覚醒が発生し身体に悪影響をおよぼすとともに睡眠を妨げ日中の眠気を増加させます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の主な症状

  • いびきをかく
  • 日中の強い眠気倦怠感
  • 頭重何度もトイレに起きる寝汗をかく
  • 寝相が悪い集中力
  • 記憶力の低下

一般的にSASの重症度はAHI(Apnea Hypopnea Index)=無呼吸低呼吸指数で表すことが多く、これは10秒以上の無呼吸・低呼吸(呼吸が浅く・弱くなる状態)が1時間当たりに発生する回数を意味します。 このAHIが5回以上認められ日中の眠気等症状がある場合にSASと診断されます。

SASを長い間放置すると日常生活に支障を来たすだけでなく身体にも様々な悪影響をおよぼします。そうならないためにもSASを放置すると、一体どのような合併症を引き起こすのか知っておきましょう。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の合併症

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)は頻繁に起こる無呼吸により、血液中の酸素の低下、中途覚醒による睡眠の分断等により多くの生活習慣病の合併症を引き起こす事が明らかになってきています。
特に循環器疾患において、高血圧は健常人の2.89倍、夜間心臓突然死は健常人の2.57倍、脳卒中・脳梗塞は健常人の1.97倍リスクが高くなると報告されています。

また、睡眠の分断が日中の眠気、集中力の低下を起こします。このことから、SASの人は交通事故を起こす頻度が健常人の2.5倍といわれており、SASが重症になればなるほど事故率が高くなると報告されています。
これら合併症を低減するためにもOSASの適切な診断と、継続的に治療する事が最も重要です。

CPAP(シーパップ)療法について

CPAP(シーパップ)療法(持続陽圧呼吸療法)はCPAP装置からホース、マスクを介して処方された空気を気道に送り、常に圧力をかけて気道が塞がらないようにします。
この療法を適切に行うことで睡眠中の無呼吸やいびきが減少し、SASによる症状の改善が期待されます。CPAPは治療効果が高い治療法です。
またOSASが原因で血圧が上昇している場合においては、降圧(血圧を下げる)効果の報告もあります。
CPAP療法は検査を行い一定の基準を満たせば健康保険の適応になります。

当院では外来・訪問診療共にCPAP療法の対応が可能です。

お気軽にご相談ください。