在宅での粉瘤処置

【在宅での粉瘤処置】
※患者様・ご家族様より掲載許可を頂いております。
———-
【粉瘤とは?】
粉瘤(ふんりゅう)とは、垢や皮脂などの老廃物が皮膚の下に溜まることによりできる良性腫瘍のことです。

症状は、はじめは皮膚表面に現れるごく小さなしこりですが、悪化するにしたがい、徐々に大きな袋状へと変化します。
袋に穴が開き細菌感染を起こすと痛みや赤み、熱感が生じるため、迅速な排膿処置が必要な場合があります。

また、初期症状が似ていることもあり、ニキビに間違えられることがあります。
ただし、表皮にできるニキビは自然治癒しますが、粉瘤は皮膚の奥にできる腫瘍のため、自然治癒することはありません。

なお、別名をアテロームや表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)ともいいます。
———-

形成外科の医師により、在宅での粉瘤の処置を行いました。

問診~処置終了までおおよそ50分程度です。
通院の難しい方には、このようなご自宅での処置のご提案をしております。

医療法人あんず会 杏クリニック
http://anz-homecare.com/