訪問診療について

在宅医療での緩和ケア、緩和医療

緩和ケア、緩和医療とは

緩和ケアは、がんと闘う患者さまを支え、自宅で自分らしく過ごすお手伝いをするケアです。

これまでの背景、患者様のバックグラウンド、人間関係。さまざまなところに現れる”つらさ”を緩和ケアで和らげます。

患者様、ご家族様の思いを大切に、寄り添ってサポートしてまいります。

 

患者さまに合った緩和ケアを

緩和ケアは、悪性腫瘍になったその日から受けることが出来ます。患者様に合わせたさまざまなケアを行います。

患者様、ご家族様が望む生活と、疼痛の頻度や度合いとの兼ね合いなどから、より自分らしい過ごし方が出来るように対応していきます。

 

緩和ケアの内容

疼痛のコントロール:痛みや苦しみに、お薬などで対処します。癌性疼痛緩和にはオピオイドを使用しています。

日常生活のフォロー:訪問看護等も導入し、在宅療養のサポートをします。

ご家族のケア:緩和ケアでは、ご家族のこころもケアします。気になること、不安なこと、疑問に思っていることなどご相談ください。

レスパイト入院:患者さまとご家族が一旦離れて気分転換することを「レスパイト入院」といいます。一時休息に利用できます。

 

「医療用麻薬」の使用と誤解

緩和ケア・緩和医療では、疼痛を取り除く事を第一に考えています。痛みは取り除くことが出来る症状であり、その為の緩和ケアを受ける権利は誰にでもあります。

疼痛のコントロールでは、「医療用麻薬」が使われます。医療用麻薬は、癌性疼痛にとても有効な薬です。痛みが強くなれば、あわせて薬を増やすことができますが、 中毒のイメージから、医療用麻薬を敬遠され、痛みを我慢している方も少なくありません。

医療用麻薬は、痛みがある状態で使用すると、中毒にならないことがわかっています。

また、医療用麻薬の種類も増えたこともあり、一人ひとりの痛みに応じた薬を使用できるようになりました。